2024年2月11日 (日)

胡蝶蘭が咲きました。(2/11)

我が家の胡蝶蘭が咲き始めてきました。

今2本に6+5で9輪の花が咲いています。

もう1輪咲きそうです。

Img_851910 Img_852110

同じような画像ですが、色合いがよく分かるように明るいのとチョッと露出を押さえたものをのせてみました。

実はこの胡蝶蘭は、新潟の義母の葬式に秋田から買っていったものなんですが、いざ祭壇に飾ろうとしたところ、

花が萎れてしまって、とても飾れるようなモノでなくなってしまっていたんです。

祭壇には葬儀場の白い胡蝶蘭を借りて飾らせてもらい、萎れた胡蝶蘭はそのまま秋田に持ち帰ってきて冬越しをさせていたんです。

そうしたら、この冬に花芽が3本出てきました。

少し伸びて来た時に支柱に止めようとして1本折ってしまったんです。

その時はガックリしてかなりショックでしたが、なんという事かしばらくしたら、

折れた花芽からまた新しい花芽が伸びて来たんです。

しかもつぼみが5個もついています。

Img_853810 Img_852710

直角に曲がっている所が折れたところです。

まだ小さいけれど5個の蕾が確認出来ます。

 

 

 

| | コメント (0)

たらどら (2/10)

ピザランチの後に親類の家に行くので、その手土産を買うために象潟に下りてケーキ屋さんに。

ケーキを買った後に店内を眺めていたらこんなものが。

《たらどら》です。

Img_854210

「タラどら」と言うのはタラから作ったしょっつるを使ったどら焼きの事です。

Img_854710

今日朝食が遅かったので、昼にランチ代わりに食べてみました。

Img_854910 Img_854810

ここに能書きが書かれていますが、販売は象潟の「パティストリ 白川」です。

生地は少し塩味(しょっつる)がして、つぶ餡がすごく美味しいです。

大きさもちょうどいいですね。

 

| | コメント (0)

ピザ専門店 マサ苑 ゼロ

Img_850010 ピザの専門店が小滝(旧象潟町)にできたと言う記事が以前新聞に載っていましたので、

今日はそこへランチに行くことにしました。

Img_850210この建物が《マサ苑ゼロ》で、ここで注文をして、食べる所はこっちの「CODA」と言う建物の方です。

中には可愛いピザ釜が鎮座しておりました。

Img_850510

Img_850610

これが別棟の「CODA」ですが、ちょっと見には小屋に見えますが、中がナカナカ凝っているんです。

Img_851010 Img_850910 Img_850710

中は山小屋風になっていて、食べるスペースの他に「寿司コーナー」「バイク屋」も兼ねております。

バイク屋の名前は、《これでいいのだモータース》と言います。(笑)

Img_851310 Img_851610

食べたピザはこれ「クアトロフォルマッジョ」(1,400円)です。(意味は分かりません)

味はもちろん美味しくて二重丸なんですが、生地が今まで食べた事が無いフックラとした触感なんです。

ピザの他にドリアもあります。

寿司コーナーのカウンター越しに鳥海山を眺めることができますよ。

お勧めの1軒です。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年11月24日 (木)

シャコバサボテン 開花  (11/23)

湯沢で買った黄色のシャコバサボテンが、ほぼ満開になりました。
鉢にはピンクの写真がついていて、さらに手書きで「黄色」という札がついていました。
買う時にレジのおばちゃんに

「本当に黄色?」
「ウーン、自信ないです、どうしますか?」
「だまされたと思って買う!」

というようなやり取りの末に購入したものです。

赤やピンクでないことはつぼみの色で分かったのですが、
白か黄色か?と言われると、俺も自信がなかった。

だいたい黄色のシャコバが本当にあるのかどうかも分からなかったし、聞いた事もなかったからね。
黄色は今日から気温の低い玄関に出して、1か月以上咲き続けてもらいます。

Img_7957s Img_7970s Img_7974s

 

 

 

小さい鉢のピンクのシャコバもほぼ満開に近いです。

この後、大きな鉢では白1鉢、ピンク2鉢、
小さな鉢がもう2つ有り、明日時期を調整するためにまだ寒い所に置いていますが、
順次居間に持ってきて咲かせるつもりです。

Img_7958s Img_7965s

 

 

| | コメント (0)

雪囲い  (11/23)

雪囲い今日が二日目、と言っても20日の作業は半日しかやらなかった。
今日は9時~3:30まで午前午後ともにやって、
一番手のかかるところを終わらせたので、少しホッとしました。

Img_7947s

Img_7949s

 

 

 

Img_7989s

今日のImg_7992s作業が終わって、だいたい進捗率は60%というところかな
(半日作業が5回で完了)。
今度の土日に庭木の菰巻を行えば、完了です。 

雨が降らなければいいのですが・・・。

| | コメント (0)

2022年11月15日 (火)

松尾の「馬ステーキ」   (11/12)

前の記事でも書きましたが、お昼は松尾の「馬ステーキ」に行くことに。
すでに1時を過ぎていたので、まずは何時までやっているのかを電話で確認してから向かいました。
お昼は2時までですとのこと。

二ツ井からだと20分チョットで着きます。

松尾という肉屋がやっているレストランで、食用の馬の牧場を持っています。
Img_7915s Img_7916s
何年ぶり、いや、何十年ぶりにやってきました。
店の向かいの駐車場には、こんなかわいい移動販売車が置かれていました。

また、のれんの下にはこんなものも。
Img_7918s

お孫さんでも乗るのかな?

 


さて、肝心の馬ステーキ(ヒレ肉、180g)ですが、以前は確か4,000円だったと思いますが、今回は4,500円で500円の値上がりです。
十年前からたったの500円UPで提供してくれるのには頭が下がります。

味ですか?相変わらず柔らかくてう馬かった~。
Img_7919s

Img_7923s

 


食後に珈琲のサービスがありました。

総走行距離 210kmの締めのツーリンク゛でした。

今シーズンのバイクライフは、
乗車回数 36日、総走行距離 約7,000kmでした。
やはり夏に北海道に行ったので、走行距離は結構走ったね。

 

 

| | コメント (0)

今シーズン最後のツーリンク゛(かな?)  (11/12)

天気予報では今日(11/12)は一日晴れということで、たぶん今シーズン最後になるであろうツーリンク゛で紅葉狩りに行くことにしました。
行先はいろいろ考えた末、「まだ見ごろ」という情報を信じて、旧二ツ井町の「きみまち阪」に。
我々が小さい時には「徯后阪」と書いて「きみまちざか」と読ませていたんだが、今はひらがな表記になっています。
その頃は、なんでこれを「けいごさか」ではなく「きみまちざか」と読むのか不思議だったんですがね。

明治14年の天皇の東北巡幸の時に、皇后さまがここで歌を詠み天皇陛下を待っていたということから、明治15年に正式に「徯后阪」と明治天皇が命名され、宮内省から発表されたと言う事です。

今ではこの話を知る人は少なくなっているのが残念ですが、すごく由緒正しい高貴な名前なんですね~。

Img_7878s Img_7880s Img_7888s Img_7891s Img_7896s

Img_7899s  Img_7900s Img_7905s 

一通り見て帰ろうとした時に、能代で設計事務所を主宰しているNさんとばったり。
なまはげ1号のスタイルを見て、「いつもと違う格好ですが?」

『今日はバイクで来たんですよ』
「奥さんもバイクに乗るんですか?」
『いえいえ、サイドカーです!』
「へ~カッコいい!」
と言うような会話の後、

『この辺で何かお勧めにの美味しい店ありますか?』

彼曰く「ラーメン屋くらいしかないな」との事。

と言う事で、チョット足を延ばして鷹巣の松尾の《馬ステーキ》に行く事にしました。

《馬ステーキ》については、次の記事でUPします。

| | コメント (0)

蕎麦喰いドライブ  (10/30)

前日(10/29)の深夜番組(美の壺の再放送)で「蕎麦」の特集をやっていたので、無性に蕎麦を食べたくなり、今日は蕎麦喰いドライブになりました。

Img_7834s Img_7836s_20221115101401 Img_7838s_20221115101401

 

 

 

行先は遊佐の先、ラーメンの尾浦の先の集落にある「きよ」というお蕎麦屋さん。(住所は酒田市砂越)
本当はバイク🏍で行きたかったんですが、午後から雨の予報だったので、たまに乗らないとバッテリー上りが心配なので、BMWでのドライブになりました。

特にここに行きたかったと言う訳ではなく、たまたまネットでヒットした蕎麦屋ですが、結論から言って、二重丸◎いや花丸💮でした。

”蔵のそば処”と言うだけあって、内部のしつらえも蔵風になっていて、いい感じでした。

Img_7839s_20221115111201
Img_7847s_20221115101401

Img_7845s_20221115101401

 

 

 

食べたのは「天もり」です。
味は申し分なし、納得出来る値段です。

Img_7842s_20221115101401 Img_7843s_20221115101401

 

 

 

庭の雰囲気も日本庭園風で落ち着いた感じです。

帰り際にサンルームを見たらこんな花が!
名前を聞いたら、「マユハケオモト(眉刷毛万年青)」と教えてくれました。

Img_7848s_20221115101401

 面白い花です。
NETで調べたら、正式名称は「ハエマンサス」と言うそうです。

後日談ですが、うちの神さん小さな株でしたが、後で800円のモノを500円で買ってきました。
果たして上手く育てられるのかな?

最後に店のパンフレットを載せておきます。
大通りから小路に入ったチョットわかりにくい場所ですので、注意して行ってみてください。

Img_7846s_20221115101401

 予報通り、帰りは雨でした。
バイクで行かなくて正解でした。!!

 

 

| | コメント (0)

2022年10月12日 (水)

花海館(はなみかん) その3  (10/8~9)

温泉と料理です。
Img_7688s Img_7711s Img_7712s Img_7716s Img_7718s
温泉は無色透明で弱アルカリ性。
ナトリュウム・塩化物泉(旧泉名は、弱食塩泉)

 

| | コメント (0)

花海館(はなみかん) その2  (10/8)

この旅館、なかなかのこだわりを持っていると思って見てきました。

先ずこのこけしの数が半端でない。
Img_7684s Img_7703s_20221012160101 Img_7709s
この陳列棚2つにびっしり。
食事会場にもこの通り。
木地山こけしは、小椋久太郎の64歳のものもありました。(逆算すると今から50年前になる)

Img_7724s Img_7725sこのテーブルも彫刻を施し、ガラスを被せていてなかなかのものでした。
いすは彫刻のままです。

 

| | コメント (0)

«花海館(はなみかん) その1  (10/8)